スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よしよし。

朝方5時~6時頃に授乳をすると
それから熟睡してくれて10時頃までよく眠ってくれる はゆ。
その間、バタバタと
朝食を作って
そーとに食べさせて
自分も食べて
着替えをさせて
自分の身支度をして
やっとちょっと座って水分補給をした頃に はゆがお目覚め。


オムツを替えて
リビングに連れてくると
ムダに新米お兄ちゃんが張り切り始める。
aDSC00524.jpg
私の顔色を窺いながら
お得意の「よしよしよしよーし」と言いながら頭をなでる。
妹は若干迷惑そうだけれども


妹の方を撮ろうとカメラを構えると
すかさず入ってくるお兄ちゃん。


はいはい。
いいお兄ちゃんだったところも残しておこうね。
aDSC00526.jpg
この写真、なぜかそーとも一緒にファインダーを確認しながら撮ってます。


小さなそーとの右手と左手。


私にとっても はゆ にとっても
大きくて頼りになる手。
スポンサーサイト

おひなさま。

出産後、日が明けてすぐに はゆ のおひなさまを探しました。
これだけは生まれる前に探すわけにいかないのに
初節句まで日があまり無いし
でも一生大切にするおひなさまだし
絶対に質の良い物を・・・と思っていました。


こだわったのは
大量生産されたものではないこと
質の良い人形であること
運命を感じるものであること
それから
人形だけに重点を置いている親王飾りだと言うこと。
これはコンパクトだと言うことだけでなく
その金額のほとんどを人形の作りや
人形の着物の仕立てにかけたいと思ったからです。


いろんなお店を見に行って
以前から憧れていた御人形司・市川豊玉のお人形に出会い
母と2人よく悩んで決めました。
aDSC00503.jpg
この御人形司のおひなさまは
私の住んでいる九州ではたった2件のお店でしか取り扱いがなく
運良くその内の1件に運命のおひなさまがいました。
aDSC00512.jpg
我が家に迎えた はゆ のおひなさまは
やっぱりさすがにお値段も素晴らしいのですが(笑)
とても価値のある一点物のおひなさま。
aDSC00520.jpg
健やかに真っ直ぐ育ちますように。
素敵なご縁に巡り会えますように。

つないだ手。

今日の夕方
久しぶりに息子と2人きりで
仲良く手をつないで散歩に出かけた。


妊娠中は切迫早産になってから
歩くのも制限されていたので
本当に久しぶりに散歩に連れて行った。


夕方は忙しいし
実家に預けた はゆ のことも気になるし
すぐに帰ってくるつもりで
家の周りをぐるっと1~2周すればいいかな、と思っていたのに
結局1時間くらいじっくり2人きりの時間を過ごした。


外に出るといつもタタターと走って行ってしまうはずなのに
今日は私の手をぎゅっと握って
ちゃんと私の隣を歩く。
覚えたばかりの歌を歌い
私を見上げながら嬉しそうに。


片手に電車のキーホルダー、片手にしっかりと私の手。
私が手をひいているのか
それとも手をひかれているのか。
s-DSC00398.jpg
途中、息子が道路の縁石に登って歩き始める。
つないだ手を持て余すくらいに
ちょっとだけ背が高くなる。


本当にこのくらいの背丈になったとき
今日のようにぎゅっと手をつないで歩いてくれるのかな。


そう思うと
胸がぎゅっと痛くなった。


今のうち、今のうち。
明日も行こう。
明後日も。

比較。

そーとは産まれたときの体重は大きかったのですが
その後どういうわけか成長がゆるやかで
体重が増えず、ものすごく悩みました。
かろうじて成長曲線の平均の下辺を這うようにしか成長せず
「大きく産んで、小さく育っちゃった」ベビーでした。
ほとんど一日中起きていて
起きている間は泣いてるかぐずってるか・・・でした。
そーとが眠ってくれているときは心底ホッとしたものです。
そんな感じだったので
トイレにも行けず、水も飲めず、は当たり前。
早朝から実家に避難は日常茶飯事でした。


今日は2人の育児相談に行ってきたのですが
2冊の母子手帳を見てみると
そーと と はゆ がちょうど生後同じ日に
体重測定をしていたので記念に比較。
s-DSC00387.jpg
【そーと 生後45日】
4402グラム
一日平均体重増加は35グラム
この頃は混合栄養で一日に2~3回ミルクもプラス
一日に10回以上は授乳



はゆ は生まれたときは小さかったのに
日に日にぶくぶく成長しています。
久々に昨日オムツ替えをしてくれたパパが
「この子、大丈夫?」と心配するくらいムチムチになってきました。
一日の中で起きているのは授乳中とオムツ交換の間と
大好きなお風呂の時間くらい。
おっぱい飲ませてゴロンと転がしておけば
すぅっと自分で寝てくれる親孝行ムスメです。
s-DSC00376.jpg
【はゆ 生後45日】
4154グラム
一日平均体重増加は39グラム
栄養は母乳のみ
一日に8~9回授乳


生まれたときは
そーとより1キロも小さかったのに
もう差がじわじわと無くなってきています。


寝る子は育つ、はウソじゃないです。

博物館。

お天気の良い土曜日。
本当に久しぶりに予定のない休日。
乳児を連れて外に遊びに行くにはちょっと寒いけど
2歳児の遊びたい欲求も満足させてあげたくて
市立博物館へ行ってきました。


かなり古い博物館なので土曜日だと言うのに
ほとんど貸切状態。
広い館内で走り回ってきました。
(これは正しくない博物館の利用の仕方だけれども・・・)
s-DSC00401.jpg
マンモスの展示物を見て
「ぞうさん、ぞうさん!おっきーい、でかーい!」と連呼。
これ、ゾウじゃないんだぞう(笑)
s-DSC00403.jpg
イノシシとウリ坊の剥製には
バイバーイと適当に手を振って。
s-DSC00405.jpg
近くの湖に生息する野鳥の剥製はまるっきり無視。


ただ・・・
次のコーナーのソーラーで動く電車の模型にはしっかり食いつく。
s-DSC00408.jpg
操作する顔が真剣。


自分が押したボタンで
電車がカプセルの中をくるくる走るのが
たまらなく面白いらしく
ここで長い時間、足止めされました。
s-DSC00406.jpg
おーい!でんしゃー!!くるくるー!バイバーイ!
来たー!行ったねー!おぉー!はやーい!と大興奮。
良かった、貸切で(笑)


そして私が1番そーとに見せたかったのは・・・
s-DSC00426.jpg
SLの実物立体展示@屋外。


クロスヘッドと主連棒、連結棒の動きがマニア心をくすぐるのか
なんなのかは分かりませんが
ウチの息子、相当楽しんでました。
s-DSC00428.jpg
こんな車輪の部分なんて普段走っているSLでは
ホームの下に隠れてて見えないでしょ。
ここでは触れるし
運転席に入って遊べるし。


食いつくこと間違いナシだったんですが
そこは2歳児、怖がっちゃいまして・・・
s-DSC00430.jpg
こんな感じで恐る恐る触ってました


ちなみにちゃんとはゆ も連れて行ったのですが
はゆ はベビーカーの中で終始熟睡。
ランチを食べている間もずっと眠っていてくれました。
さすがは2人目、空気読んでくれます。


ありがたや、ありがたや。

デジイチ。

はゆが生まれたお祝いに
実家の両親からミラーレス一眼をいただきました。
aDSC01732_20110212151537.jpg
今までコンデジしか使ったことが無いし
相応な技術もまるで無しですが
そんな私にもとっつきやすい一眼レフがあるとのことで
SONYのαNEX-3を買ってもらいました。
αNEX-5と迷ったのですが違いが動画モードの性能だけだったので
今回はNEX-3に落ち着くことに。
動画を撮るのは
そーとが生まれたときの出産祝いで
両親から買ってもらったハンディカムがあるので必要ないし
新発売のピンクの本体も可愛かったし。


どこそこのブログを見ていると
みなさん素敵なフォトばかり。
コンデジではいつもオートで撮っていたので
気にしたことが無かったけど
難しいのですね・・・写真撮るのって。
aDSC00248.jpg
とりあえず
ここぞ!という瞬間を記録しておけるようにならなくては。

バレンタイン。

毎月通っているパン教室。
初級クラスが終わり中級へ上がりました。
12月と1月は出産のためお休みしていたので
久しぶりのお教室でした。
先生のご厚意で子供達も一緒に参加させてもらっています。
そーとと1ヶ月違いのお友達ママとおばあちゃまも一緒なので
子供達は同じ部屋で遊びながらパンが焼けるのを待っています。


バレンタインデーの今日のメニューは・・・


初級復習レシピのマヨネーズパン。

簡単でシンプルだけど
焼きたての味は格別


それから豚まん
aDSC01798.jpg
豚の顔の形の豚まんは初めて見ました。
もちろん、普通の形の豚まんもたくさん作りました。
皮はもっちもち、具はどっさり
普段お肉を食べないそーとがばくばく食べてました。


そしてチョコレートケーキ
aDSC01808.jpg
自分で食べたいのをぐっと我慢して
ダンナさんへプレゼントします。
甘さ控えめ、ラム酒たっぷりでオトナの味


いやー、今日も楽しかった
aDSC01802.jpg
お兄ちゃんたちがワイワイ騒ぐ中
はゆ は終始すやすやと眠り
ちっとも手をわずらわせないおりこうさんでした。


よく見ると・・・
私の作った豚まんに似てる
ムチムチぷっくり
小さく産まれたなんてとても思えない

お宮参り。

今日は大安吉日。
はゆの初宮参りに行ってきました。
(そーとの時はコチラ→

まずは近所の写真館で記念写真を撮りました。
そーとの時と同じ写真館です。
そーとの時は撮影中ずっと眠っていて
2時間の撮影でたったの1枚しか
目を開けている写真が撮れなかったのですが
そこはやっぱり女の子
撮影中はじぃっとカメラを見つめて
ノリノリで撮影されてました。


ぐずることも泣くことも無かったので
何カットもいろんなお写真を撮ってもらいました。
おかげでたくさんの写真をお買い上げ
でも一生に一度しかないこの時期の可愛らしさ
アルバムが出来上がるのが楽しみです。


そして安産祈願に行った神社へ。
DSC01758.jpg
ばぁばに抱っこされたまま疲れて眠ってしまいました。
産着は白と薄桃色の地に華やかな模様の入った着物にしました。
まだ寒さの残るピリっとした空気にとても合っていました。
DSC01773.jpg
産まれた時のひょろっとした
儚げで危うい頼りなさはすっかり消えて
最近ではまん丸な顔とムチムチのあんよ。


どうかこのまま健やかに
元気に賢く幸せな人生を
・・・とお祈りしてきました。

1ヶ月検診。

出産した病院へ1ヶ月検診に行ってきました。
ついこの前産んだばかりなのに
もう新生児時代もあっさり終わり。
二度と戻らない大切な時間だったのに
やっぱり はゆ に構ってばかりはいられず
両手からどんどん零れ落ちてしまう時間のカケラ。
掬っても元には戻らないのですね。
寂しいけれど。


2468グラムで産まれた はゆ は
3614グラムに成長していました。
このくらいでやっと産まれてくる赤ちゃんもいるので
やっぱり小さめには変わりないけど
すごい成長率です。


小さく産まれたから、と
病院からは授乳のたびに
ミルクを足してと指示されていましたが
飲ませるとケポっと吐いたりするので
混合栄養は途中で中断して母乳だけにしていました。


身長も48センチから51.8センチへ。
黄疸の心配もなく順調とのことでした。


一日の体重増加は44グラム。
そーとの時が軌道に乗った頃で25グラム程だったので
いかに2人目は母乳育児に余裕があるかが分かります。
aDSC00234.jpg
そーとが0歳だった頃
私はよく「そーとが寝てくれない」と周りにグチっていました。
昼夜問わずよく泣いていて
泣き声も大きくて
まるで私に嫌がらせをしているようで
赤ちゃんって大変!って思っていました。


でも今になってよくわかる
寝てくれないんじゃなくて
眠くてもお腹が空いて眠れなかったんじゃないかしら。
成長曲線を下回ることがなかったので
卒乳まで完全に母乳育児にこだわっていたけど
きっとギリギリの状態だったんじゃないかしら。


その証拠に
そーとが飲み終わったあと満足そうにするのを
あまり見たことがなかったし
連続して長く眠ってくれることもなかったし。
はゆ は授乳が終わると
新生児に似つかわしくないゲップをするし
満足して長く眠ってくれます。
抱っこでユラユラ寝かしつけもいらないし
添い寝も添い乳も一切いりません。


下の子の順調な母乳育児は
上の子の犠牲の上に成り立っている。
あくまで私の場合ですが(笑)


あの頃があって今がある。
あの頃、眠くて眠くてツライ夜を重ねた甲斐あって
いま、小さく産まれた娘が大きくなれる。


そう思うと
口の周りを納豆だらけにしたり
ヨーグルトに手を突っ込んだりする
かなり困ったくんのそーとにも感謝かな。

光。

実は はゆ を出産した同じ日に
ダンナさんのお祖母さんが亡くなりました。

お祖母さんが亡くなった時刻はちょうど
陣痛が本格的になり始めた夜の6時半頃でした。
それから2時間程でするすると産まれてきた はゆ。

誕生する命と空に還る命。
どちらも同じだけ重い。

お祖母さんはちゃんと空に還る前に見にきてくれたかしら。

・・・・・・・・・・

私は人はきっと意味があって生まれてくると信じています。
そして命というのはお腹に宿った瞬間から
始まっているのだと思っています。
私たち女性は妊娠した時からすでに母で
その命が形になる前から愛しい。

だからきっと人生に無駄なことは何も無い。
人生に無駄な時間は決して無い。

私が はゆ をお腹に迎えた時に
大切な友人が言ってくれた
女性として輝いているね、という言葉。
嬉しくて、くすぐったくて
不安だらけだった私に
幸せを思い出させてくれた魔法の言葉。

今の私には何もできないけれど
私も一緒に涙を流して
忘れないように。
強い人になろう
あなたのように。
感謝しよう
小さく輝くその命に。

いまはただ
真っ暗な中にいても
神様はあなたを長く閉じ込めたりしないから。

どうか笑顔になれますように。
そしてまたいつか愛しい笑顔が増えますように。
私も静かに待っています。

・・・・・・・・・

ありがとう。

出産レポ その4。

いろいろな処置の後、体重を量ってもらうと2468グラム。
保育器に入らなくてOKですよ、と言ってもらったときは
本当に嬉しかったです。
ウォーマーに寝かされている間も
はゆ はずっと泣いていて元気なのが声で分かりました。


処置の後はそーともLDRに入れて家族4人で記念写真を撮りました。
そーとは不思議そうな顔をしていました。
今回も胎盤を見せてもらったのですが
そーとの時よりも明らかに小さいのが分かりました。
そして、驚いたのが後陣痛の痛さ…。
産んで15分後くらいから、まだ陣痛続いてるんじゃ!?くらいの痛み。
それも、入院中にほぼ消えてしまいましたが。


妊娠中、つわりもひどくて
水を飲んでも吐き
先が見えない不安に襲われたり
後期には子宮内発育遅延と診断されて
羊水も少なくなって
入院したり
誘発分娩になるかもと言われたり
それはそれは心配したし
いろんな方に心配をかけたし
順調なだけのマタニティライフではありませんでしたが
今ここにちゃんと産まれてくれた
ちゃんと産んであげられた
それが嬉しくて
それがありがたくて。
DSC01541.jpg
そして、はゆ を女の子に産んであげられたことが
何より嬉しくてたまりませんでした。
この子も何年後かには
きっと今の私のような
満たされた不思議な幸福感を味わえるのだろうと言うこと。
この神秘的な一瞬を心の糧に
それからの人生を精一杯生きていけるのだろうと言うこと。


人の親になる。
子の人生に責任を持つ。
そういう尊くて難しくてやりがいのあることを経験させてやれる。


この子のために妊娠を喜んでくれた人がいる
この子のことを楽しみに待ってくれた人がいる
この子のためにつわりの辛さを共感してくれた人がいる
この子のために一緒に不安になってくれた人がいる
この子のために大丈夫よと励ましてくれた人がいる
この子のために休ませてくれる場所がある
この子のために神に祈ってくれた人がいる
この子のためにたくさん成長してくれた息子がいる
それだけで十分。


そーとも
はゆも
私のたからものですが
2人のたからものを授かったことで
新しく授かった縁も私のたからものです。


今まで
よりも
これからの方が
きっともっと大変でしんどいかもしれないけど


良かった。
ただ、それだけです。


出産レポはこれで終了です。
長い日記を読んでくださってありがとうございました。
これから出産を迎えるすべての女性と
これから産まれてくるすべての新しい命が
あたたかい幸せに包まれますように。
DSC01531.jpg
最後に。
私の出産を2度も担当してくださった助産師さんへ。
私の大切なたからもの達が
この世に産まれて初めて触れたものが
あなたの温かい両手だったこと
本当に良かったと心から思います。
その若くて優秀なエネルギーは
たくさんの幸せを産み出すためにあるのだと信じています。
心からの感謝を込めて。

出産レポ その3。

夕食後、ドクターの1回目の内診。
4~5センチ?と思っていたらなんと6センチ!
しかも、全開大までスルスルっと開きそうですねと言われる。
やった!もう半分以上過ぎたんだ!って素直に嬉しい。
19:30 子宮口6センチ
そーとの時は何度も何度も内診があって
そのたびに変化なしとか1センチ開いたね、とか
こんなにこんなに痛いのにまだですか!?って思うことばかりだったのに。


それからはお腹だけではなく
腰~お尻のあたりに痛みが変化していく。
波が来るたびに助産師さんがマッサージしてくれる。
あーこれ、思い出したぁ、前回はここからが長かったんだよなぁって
痛みの中で冷静に考える。
そーとの時は間隔が狭くなって絶え間ない痛みが来て
吐いて、涙が出て、呼吸して、って瞬間のはずなのに
今回はまだ5分間隔。
痛みの波が治まっても、すっきりしないくらいになってきて
波が来るたび痛みが倍増するような気がする。
その様子を見て助産師さんが内診してくれる。
すると全開大なのですぐ分娩体制に入りますね!と言われる。
20:20 9センチ全開大
さっきの診察から1時間しか経ってないのに
急遽、分娩体制に。
ありえないくらいバタバタして準備をしてくださる。


前回は子宮口8センチくらいの時から始まった
いきみ逃がしの時間が長くて
とても辛かった印象があったのに
今回はいきみ逃がさなくていいの??
それともまだ今からなの??とか
私自身、速すぎる展開に頭がついていかない。
でも、本当に我慢できないほどの辛い痛い陣痛は
ほんの数回だけでした。


LDRに来ていたそーとがぐずり出したので
ダンナさんが外に連れて出ていたけど
立ち合いをするため急いで呼び戻される。
「え?もう産まれるんですか?」みたいな感じ。


ドクターも慌てて来てくれて分娩開始。
できれば会陰切開はなしで、とお願いしていたので
ドクターはただ見てるだけ。
そーとのときは「息止めて!力入れていきんで!」みたいな感じだったのに
今回は「ふーって呼吸するだけで赤ちゃん降りてきてるからね」と言われました。
いきんでいいのか、それともいきみを逃がしたらいいのか、よく分からない。
あぁ!息を吐きながらいきむのか、と思って実践したら褒められる(笑)
前回の息を止めていきむ方が辛かったな…。


数回波が来て、いきんだら
「はい!もう力抜いて、手は胸の上ねー」と終了っぽい合図。
下見てください、見えますかー?と言われて
顔を向けると赤ちゃんが!!
「お兄ちゃんより小ぶりですね」ってツルーンとはゆ が誕生。
見やすいように持ち上げてくれて
その瞬間「ちっちゃい~」ってつぶやいてしまった。
そーとを3464グラムで産んだ時が印象的過ぎて
はゆ がすごく小さく見えました。


正直に言うと…
え、もう終わったの?もう出てきたの?あれれ?くらいの気持ちがあったのだけど
ピンク色のちっちゃな体で全身を使って一生懸命泣いている我が子が
可愛くて嬉しくて「ありがとうございます」と何度も口にしていました。
DSC01522.jpg
元気に泣いてくれる娘に
楽しみにしていてくれた人みんなに
心配かけた人みんなに
そして頑張った自分に
独特の幸福感と充実感に
ありがとうございます、と何度もつぶやいてました。


その4へ。

出産レポ その2。

付き添っていたダンナさんに
「今は5分間隔だけど、これからが長いのよ。
 そーとの時、そうだったもん。」とか言い残し
LDRに入院、オリエンテーションを受けました。
着替え、入院セットの説明、既往症などの確認、バースプランの確認など。
きっちり5分おきに痛いけど
人とも喋れるし文字を書いたりもできます、かなり余裕。


バースプランで指名していた
そーとを取り上げてくださった助産師さんが様子を見に来てくださる。
担当がLDRから産後の病棟に変わられたのだけど
私が指名していたので今回は特別に取り上げてくださるとのこと。
今日は日勤だったので夕方に勤務が終了するみたい。
その後、残業して私の出産を担当してくださるとのこと。
でも現在17:00。
何時までかかるか分からないのに申し訳ないな、って思いました。


助産師さんの勤務が終わってからずっと部屋にいてくれて
間隔を見たり、マッサージをしたり、リラックスするように呼吸を促してくれる。
マンツーマンでずっとついていてくれて、とても心強い。
年齢を聞いたら26歳!私より3歳も若い!
なのにとってもしっかりされているベテランさん。
出産は自分でするもの、なのだけど
痛みが来るたびにこの助産師さんに頼らないと
ダメになってしまいそうな自分がいました。
この病院のこの部屋の中で一番頼りになる人。


夕食は中華でした。
前回陣痛中に吐いたからいらないと言うと
子宮は筋肉だから栄養を与えるために必ず食べるように言われる。
食べないで吐くよりも、食べたものを吐く方が楽だよ、と言われる。
ちゃんと食べたら絶対いい陣痛が来ますから!と言われ頑張って食べる。
吐く時に辛くないように、とつわりの時の教訓を活かし
茶碗蒸しなどを中心に(笑)


すると助産師さんの言ったとおり食べてる最中から
ガンガン痛みが激しくなる。
箸を置いて呼吸で痛みを逃がさないと居られないほどの陣痛。
この時19:00。
痛みが遠のいているすきに夕食を食べ終わる。


その3へ。

出産レポ その1。

今回も産み終わってすぐに部屋で日記を書きました。
この実感を忘れないうちに…と思って。


入院中に一緒に食事をした初産婦さんの中に
「もう二度と産みたくない!もうイヤ!」と口にする方が何人もいました。
私もそーとを産んですぐはそういう気持ちだったのに
今回はゆ を産み終わってすぐに感じたことは
「あぁ、これで出産が最後なんて寂しいな…」と言うことでした。
痛みを乗り越えたから、とかそんなんじゃなく
二人目は本当に恵まれたほどの安産で
痛いけど、その痛みを前向きにとらえることができた出産でした。
三人目を授かったらもっと上手に産める!とさえ思います(笑)
でも我が家はもう十分。
たからものはふたつで十分です。


痛かったからとか、辛かったからとかで二人目を躊躇している人の
背中をそっと押すきっかけになりますように。

*今日の記事は長いのでたたんでおきます*

+ Read More

ケーキ。

体調が良かったので
急遽、そーとのバースデーケーキを作りました。
DSC01631.jpg
有休を取っていたダンナさんと私の母が
そーとを電車の旅に連れ出してくれている時間を利用して。


はゆ はお世話になっているご近所のお宅へ預けて
久々に独りでスーパーへ。
すんごく身軽。
おまけにリフレッシュできました。


電車の旅から帰ってきたそーと。
DSC01633.jpg
ケーキなんて数えるほどしか食べさせたことないのですが
「けーき!けーき!」と理解しています。
DSC01634.jpg
はやくー
おいしそー
ぱくぱくー
などと言いながら
顔を突っ込みそうになったので没収しました。


私より大きなカットのケーキを
夕食後だと言うのにペロリ。
急ごしらえのケーキでしたが
おいしー、おいしーと何度も言ってくれました。


来年のお誕生日は
ちゃんと計画立ててお祝いしようね。

2歳。

今日は私の母とそーとの誕生日。
そーとは2歳になりました。
2歳って『魔の2歳児』らしいですが、がんばります。


年末から喋れるようになった言葉がぐんと増えました。
発音だけでなくちゃんと意味も理解して喋っています。
文章でも会話が出来るようになってきて
毎日の生活もレベルアップしたような気がします。


妊娠、出産に伴って
全然進んでいなかったトイレトレーニング。
いよいよ本腰入れてやらなきゃダメかなぁ。


とりあえずささやかなお祝いと
生まれてきてくれたことへの感謝を込めて。
DSC01451.jpg
はゆ を産んだ前日に
そーとを産んだ前日のように熊本城を散策。
兄妹とも同じステップで産まれてきてくれました。
DSC01444.jpg
** happy birthday **
私のひとつめのたからもの。
PROFILE *

ゆちこ

Author:ゆちこ
どこにでもある
普通の毎日を
私らしく
2人のたからものと一緒に*


2009年2月1日 14:38
長男:sou*を出産しました

* 7歳になりました *
算数と宇宙と将棋が大好きで
元気の良すぎる7歳児。
2年生になりました*

2011年1月8日 20:35
長女:haa*を出産しました

* 5歳になりました *
見た目よりも賢い
演技派な5歳児。
お兄ちゃんが大好き☆
幼稚園の年長さんです。



ARCHIVES *
LINK *
このブログをリンクに追加する
MAIL *

name*
mail*
title*

SEARCH *
CALENDAR *
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
ENTRIES & COMMENT *
THEME *
ANNIVERSARY *

BIRTH *
RING *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。