スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年。

今年もいろいろありました。


sou*が歩き始めて
sou*がしゃべり始めて
いろんな初めてがたくさんでした。
これからもたくさんの初めてにたくさん出会えますように。


「2人目はつわりも楽よ~!」という周りに
あっさりだまされて2人目を妊娠し
精神的にも肉体的にももどかしい日々が続きました。
sou*の1歳児時代はほとんど寝て過ごしました。
でもそんな生活はもうすぐ終わり。
もうじきまた家族が増えます。
来年は年始からきっと忙しい日々が始まります。
忙しくて最高に幸せな日々が待っています。


お腹の赤ちゃんの胎動を感じながら
sou*のお世話をする毎日なんて
もう2度とないんだろうな。
sou*がお腹に妹の名前を呼びかけたり
具合が悪いときお腹をさすってくれたり
sou*と離れて寂しい思いをしたり、させたり
本当に今年1年はいろんな意味で記憶に残る1年になりました。


とりあえず年始は検診
その流れで入院&出産になってしまうかもしれませんが
2つ目のたからものをこの手でしっかり
抱きしめることができるように
私は私なりに
私らしく頑張りたいと思います。


今年も1年お世話になりました。
スポンサーサイト

退院後。

退院してから相変わらず安静生活をしています。
37週を過ぎたのでもういつ産まれてもいいのかな、と
思っていたけど27日の診察では
まだまだ小さいからできるだけお腹に入れておいた方が
赤ちゃんのためになると言われて
ギリギリまで頑張ってみることにしました。


そして昨日(30日)にまた診察を受けてきました。
赤ちゃんの推定体重は2460グラムに成長してました。
入院したときは2000グラム無かったことを考えると
短期間ですっごい成長
38週で2500グラム以下なのでNSTもとってもらいましたが
心拍はまぁまぁ安定して元気でした。


次回は新年明けて3日に受診します。
今回測ってもらった羊水がギリギリの量なので
3日に受診するときは入院の準備もしてくるように言われました。


産まれたときに2500グラム超えていれば
ICUやGCUに入らず一緒に退院できる可能性が高いので
なんとか年を越したいと願っていました。
このまま陣痛&破水が起きず持ちこたえてくれれば
39週当たりで出産することができるかも


入院した当初は20日とか22日に誘発分娩という話も出ていたので
そこから考えると環境のあまり良くない中で
娘も頑張ってくれてるんだなぁ、と思います。

じぃじばぁばサンタ。

私の父からsou*へクリスマスプレゼントをもらいました。
aDSC01333.jpg
1歳児にはまだ早いだろう『iPodtouch』です。
aDSC01335.jpg
実はこのiPodtouch、2台目。
前回は誕生日に買ってもらったんだった。
(その時の記事はコチラ→
あれ以来、実は私よりも使いこなせるようになって
お家でヒマな時間はyoutubeで電車の動画を検索してよく鑑賞しています。
教えてもないのに、大人がやっているのを見様見真似で操作する
本当に末恐ろしい1歳児。
吸収力が素晴らしいのです。
もしかして字読めるの??ってくらい正確に操作するんで
本当にびっくりします。


PCを立ち上げるとマウスを握って
お気に入りからJRのHPを見ていたり。
そのうちブラインドタッチもお手の物になるのかもしれません。
さすが、じぃじの孫&パパの子だわ・・・。


今回sou*にプレゼントしてもらったのは
私のiPodtouchよりも性能の良い最新の機種。
以前のモノよりも液晶がキレイになってカメラもついています。
これでじぃじと毎日テレビ電話しています。
普通なら1歳児には早すぎる!のでしょうけど
sou*はちゃんと使いこなすので、何も言えず・・・。
aDSC01346.jpg
ばぁばが縫ってくれた専用のポケットに入れて持ち歩いています。


そして、私は昨日退院してきました。
自宅でも十分に安静にするようにとの指示で
まだ実家でお世話になっています。
月曜日にもう一度診察。
うまくいけば歳も越せるのではないか・・・と思います。


一番良くないストーリーは
月曜日の診察で状態が悪くなっていること。
そのまま入院して翌日に誘発して出産、元旦に退院ってやつです・・・。
お正月料金+エステなどの院内サービス無し+年末年始にドタバタ


せめて歳が明けて病院が
通常営業に戻ってから出ておいでねと言い聞かせています。
もし来年産まれてくれれば
私の祖母、私の父、ダンナさんと同じく親子4代でウサギ年になります。


とりあえず安静にすることが一番良いらしいので
ゴロゴロさせていただきます。

正期産と退院。

今日から正期産。
37週にはいりました。
まだ入院中だけど妊婦検診を受けてきました。


安定期に切迫早産と診断されてから
本当に今日まで長かったぁ。
ここまで来れば心配な早産期も過ぎ
いつでも安心してお産ができます。


しかも今日の検診で赤ちゃんの大きさが順調に増えていて
このまま外来で管理してもらえることになりました!
明日退院します。


まだ小さめ赤ちゃんにはかわりないので
できるだけお腹にいてもらえるように
頻繁に外来に通うことになります。
でもまさかの退院、嬉しいです。


今回入院してみて赤ちゃんが産まれた後の
大変ないろいろが分かったので
自宅に帰って改めて赤ちゃんを迎える準備を
きっちりやりたいと思います。


そーとにはさっき電話で報告しました。
『ままー、どーも』とかなんとか言っていました(笑)


そーとに会えるのも楽しみです。

成果。

夕方診察がありました。
赤ちゃんはほんの数十グラムだけど大きくなっていました。
羊水は相変わらずギリギリの量だけど
入院してから減ってはいないし
今すぐお腹から出さずにあと数日間
様子を見れることになりました。


引き続き入院生活ですが
入院していることでかなり安静にしておけるので
そのおかげで赤ちゃんも大きくなれたのだと思います。


今度の診察は22日。
正期産に入る日です。
そこまで持ってくれたら
ひとつハードルをクリアしたことになります。


なんか希望が持ててきました。
どちらにしろ小さな赤ちゃんかもしれないけど
体重よりもお腹にいた時間の方が重要なのだそうです。


産んだらしばらく引き離されてしまうのだから
今のうちに娘との時間を
のんびり楽しみたいと思います。

心構え。

入院前の診察では
すぐにでも陣痛、破水の可能性があるかもと言われましたが
入院して思い切り安静にできているせいか
まだ何事も起こらずに
今日も赤ちゃんの成長を助ける点滴ができました。


自宅でも充分安静生活を送っていたつもりでいましたが
入院してみてわかりました
安静には程遠い生活だったんだな、と。


切迫早産と診断された時
入院なんて大袈裟だと思っていたけれど
なぜあれだけ入院を勧められたのか
今なら少し分かる気がします。


買い物くらいいいだろう
ちょっと運転くらいいいだろう
sou*の抱っこくらいいいだろう
って、認識が甘かったです。


私の通う病院はかなり大きな病院で
患者さんも医師もスタッフさんもかなりたくさんいます。
助産師さんもたくさんいるのですが
私は今回sou*のお産の時に
とりあげて下さった助産師さんにお世話になりたい、と
バースプランで指名させていただいています。


私の入院の連絡を受けて
その助産師さんが部屋を訪ねてくれました。
配置換えで今はLDRの担当ではなく
産後の病棟にいらっしゃるのですが
今回は部署の垣根を越えて担当して下さるとのこと。
非番でも出来る限りとりあげますからと言ってくださいました。


誘発分娩になった時の詳しい話も聞けたし
低体重で産まれた赤ちゃんが
どうやって管理されていくのか、まで教えてもらいました。


たぶん母子同室は無理なこと。
赤ちゃんだけNICUかGCUに入院になること。
直接授乳するのはしばらく無理なこと。
私だけ先に退院して定期的に搾乳を届けなくてはならないこと。
入院の間はカテーテルで授乳させること。
哺乳瓶も使用するだろうということ。
母乳育児が大変になるかもしれないということ。


出産前に聞いておいて良かった。
心の準備だけはできるから。


今日はこれから診察です。
安静の成果がでますように。

添い寝。


ダンナさんがsou*を連れて来てくれました。
今日はすんなり抱っこされに来ました。
丸1日会わなかっただけで
なんだかとてもお兄ちゃんに見えました。


ニコニコしながら私の周りをうろうろして
病室の備品を触って
おえかきをして
ジュースを半分ずつわけっこして
パパと散歩に行ったあと
私のベッドで眠ってしまいました。


そういえばsou*を産んだ次の日から母子同室だったのですが
夜中寝ている間に踏んでしまうのが怖くて
安全のため新生児コットに寝かせたいのに寝てくれなくて
結局、一晩中私のベッドをsou*に提供して
途方に暮れたのを思い出しました。


様子を見に来た看護師さんに
赤ちゃんがせっかく寝てるのに
お母さんはなんで起きてるのよ!?と言われたし…。


sou*は大きな赤ちゃんだったけど
私の人生で1番小さな儚い存在で
愛しくて可愛くて大切で
神聖ないきものでした。


今はやんちゃで
気まぐれで
声が大きくて
余計なことばかりする
困ったヤツだけど
いつまで経っても私のたからもの。


そして
そんな尊い存在がもうすぐまた増える。
早く会いたいな。

張りと握力。

夜中に腰が重くなるような痛みがありほとんど眠れませんでした。

やっと朝方痛みが遠のいて寝付けた!と思ったら朝の採血。
その後サイダーのような味のブドウ糖液を飲まされて
血糖値の負荷試験をしました。
以前よりも妊娠糖尿病の基準値が厳しくなっているらしく
今回のようになにか異常がある人でなくても
一般的にテストする病院が増えているようです。


それから少し出血があったので
ほとんど一日中お腹にモニターをつけて赤ちゃんを観察。
身動きがとれなくてなかなか大変でした。


陣痛計も一緒につけていたのですが
5分間隔の規則的な張りがあることがわかりました。
自覚も痛みもないし張りも弱いので
心の準備だけしておいて下さいとのこと。


あと4日で正期産。
あと4日だけお腹にいてね、と話かけています。


sou*とは今日は会えませんでした。
一昨日の夜、実家の両親がsou*を連れてきてくれた時
病院のガウンを着て横になる私を見て戸惑っていました。
いつもと様子が違うということをちゃんと理解してくれていました。


両親と一緒に帰る時には
ちゃんと私にバイバーイと手を振って走ってエレベーターへ。
あまりにあっさりでちょっと寂しくて
姿が見えなくなっても見送っていると
向こうから長い廊下を全速力で帰ってきました。
そしてウニっと口を尖らせて
私の手をギュっと握って引っ張りました。


その様子を見て、ママはここでバイバイだよーと
ダンナさんが無理矢理エレベーターに乗せました。
エレベーターの中で床に寝転んで泣いたそうです。


いつの間にこんなにギュっと強く手を握れるようになっていたんだろう。
いつも歩く時は手を振りほどいて自由に歩いてしまうくせに。


お兄ちゃんになるためには試練がいっぱい。
私もフタリのママになるためには試練がいっぱい。
赤ちゃんも頑張ってるから
ワタシタチも負けないようにしなくちゃね。


私の手をギュっと握って引っ張るのが
今のsou*の精一杯。


頑張れ
頑張れ
私のたからもの。

入院。


やっぱり入院することになりました。
今日は医師の他に超音波診断士の方にもエコーを診ていただいたのですが
赤ちゃんはやっぱり2000グラムあるかないか位で
成長曲線をはみ出してました。


羊水はやはり少なくなっていたものの
NSTでは心拍も安定していたし
胎盤機能も落ちていないし
赤ちゃんに異常も見られないみたいなので
37週まで胎児の成長を助ける点滴をしながら安静にして様子をみることになりました。


途中で陣痛が来たり破水したり
赤ちゃんが弱って無理するようなことがあれば
促進剤を使っての出産になるようです。


どちらにしても年内に赤ちゃんとご対面できそうです。
赤ちゃんは私たちに早く会いたいと思ってくれているのかな?
一心同体でいられるのもあとわずか、一緒に頑張ろうね。


今日はsou*を実家でお昼寝させている隙に出てきました。
入院になればしばらくお世話が出来ないかもと思ったので
寝かせる前に気になっていた手足の爪も切ってあげたし
仕上げハミガキも朝からみっちり丁寧にやったし
泣いてもいないみたいだし心配いらないかな。


ゆっくり子供たちのことを考えながら過ごしたいと思います。

ハンドメイド。

10ヶ月の検診から帰宅してとりあえず私がやったことは
いつ入院になってもいいように
自分の入院用の荷物をカバンに詰め込んだことと
もうすぐ会えるだろう娘に手作りのベビーグッズをハンドメイドしたことです。
安静にと言われたので、安静に丁寧にミシンをかけました


切迫早産のため安静生活が長くて
なかなか気に入った布地を買いに行けなかったこともあって
土壇場のギリギリで慌てて製作しましたが
自分的には充分満足


ダブルガーゼのガーゼケットとスタイ
それから余った生地で私のシュシュも作りました。
aDSC01336.jpg
ガーゼケットはベビーピンクとパープルのリバーシブル。
くるくるっとコンパクトに持ち運べるように。
sou*の時には無かった女の子のブリブリな感じを目指しました
スタイはダブルガーゼだけでは頼りないので
間にパイル地を挟み込んでみました。
シュシュは陣痛の間、髪をまとめるのに役立ちそうです(笑)


sou*がお昼寝している間に出来てしまったので
ちゃんと出産に間に合って良かった


もちろん入院グッズと一緒に
病院に持って行くカバンにこれも詰め込みました。

臨月。

36週に入りました。
妊娠10ヶ月、いよいよ臨月です。


sou*の時は安定期過ぎたら
出産まであっという間だった気がしたけど
今回は安静生活もあってか1日1日が長かったぁ。
やっと臨月、正期産まであと1週間です。


sou*の時に使っていた肌着は
天気の良い日に全部煮洗いしておいたし
ウェアも数枚は準備してあるし
入院セット(特に何もいらない病院ですが・・・)も準備完了。
新生児用のオムツも買ったし
sou*のジュニアシートも購入しました。


あとは、元気に産まれてくるのを待つばかり。
今回が最後の出産になるはずなので心して頑張ります。
一生に何度も経験できない貴重な体験。
どうか順調に事が進みますように。


・・・と、思っていたのですが
昨日10ヶ月の検診に行くと
赤ちゃんはやっぱり小さく胎児の成長曲線をとうとうはみ出してしまいました。
それに加えて羊水が減り始めているとのこと。
このままじゃ赤ちゃんが苦しくなってしまう可能性があるそうで
1週間後の検診を待たずに
2日後の明日もう一度診察してもらうことになりました。


明日の診察で赤ちゃんの心拍が落ちていたり
羊水がこれ以上減っていたり(増えていなかったり)したら
そのまま入院して様子を見ることになりました。
まだ36週だし少しでも長くお腹に入れておいた方が良いのですが
もしも赤ちゃんが弱ってくるようなことがあれば
誘発で分娩になるとのことでした。
いろんな可能性があるから
帝王切開も覚悟しておいてくださいと言われました。


内診もしていただいたのですが
すでに頭が触れるほど下がって来ていることと
子宮口が2センチ開いているそうで
とりあえず私に今できることは来週の正期産の時期まで
安静にしてお腹に入れておくことだけです。


sou*の時が毎回赤ちゃんが大きめと言われ続け
助産師さんからもっと動け動けと言われて
さもないと赤ちゃんが大きくなりすぎて大変だよ~とか
みんなに散々脅され続けて出産したので
(実際ビッグベビーでしたが・・・
今回の赤ちゃんが小さい、ということと
安静にしておかないと大変、ということに
実はかなりの戸惑いがあります。


早く会いたいな~なんて何気なく普段は口にしていたけれど
まさか年内になりそうだとは思わず
陣痛の痛みも、出産後のお世話の大変さも
まだまだ先だからと甘く見ていました。
正直、心の準備も出来てないです


クリスマスと年末年始はゆっくり家で過ごして
年が明けたら出産の復習をして・・・という計画がガタガタっと崩れそうな感じに
急に陣痛の痛みを思い出して、不安に駆られてみたりしています


明日の診察から無事に帰還できますように。
もうちょっとお腹の中でぬくぬくしていてくれますように


【36w1d】

女の子ママ。

今日はダンナさんに有給をとってもらって
産婦人科に赤ちゃんの様子を見に行ってきました。
このままあまりに胎児の成長が悪いと
いろいろご相談しないといけなくなるかも、と言われ
ちょっぴりびびっていました、私


まず30分ほどNSTをとってもらい
その後30分かけてエコー検査。
ドクターも妊娠中の方で、親身になって診察してくださいました。


結果。
どこにも異常が見られないとのこと
心拍も安定しているし
羊水の量もちょうど良いし
胎盤もOK
臍帯の血流も正常
呼吸様運動もあるので肺もできているし
ほっぺたもぷっくりしていました


1週間前に比べると
じわじわと成長しているようなので
このまま引き続き安静にして
予定日を目指してお腹の中で育てていくことになります。


こうなったらもう、あれこれ心配したって仕方ない。
小さく産んで
大きく育てよう。


そう思って
女の子用の準備も始めました
s-DSC01328.jpg
今日の診察でも女の子で間違いないと言われたので
花柄のウェア
ピンクの肌着
水玉の靴下。
女の子モノってテンション上がりますね


肌着なんてsou*のお下がりが(ブルーだけど
たくさんあるのにちょっとだけ買っちゃいました


水通しも済んだし
娘に会える日が楽しみになってきました


sou*も
妹の名前を呼ぶのが随分上手になりました。
毎日、お腹に呼びかけてくれています

バースプラン。

34週目の検診に行ってきました。
最近はお腹の張りや痛みが毎日のようにあります。
夕方~夜にかけて周期的な張りではないので心配ないとは思いますが。


9ヶ月半。
いよいよ34週まで来ました。
35週には胎児の肺や心臓ができあがるそうなので
ひとつの節目を迎えた感じがします。


今回は前回1644グラム → 今回1851グラムになっていました。
2回測り直してもらったのですがやっぱり小さくて・・・。
標準のラインの下からはみ出しそうになっているらしく
本来なら2週間後の検診のところ
1週間後に再診となりました。
念のためにと赤ちゃんの心拍を見るために
通常臨月に入ってからのNSTもしてもらいました。
特に異常はなく、元気そのものだそうですが


今日はバースプランも提出して来ました。
私の希望はsou*の時と同じく普通分娩でダンナさんの立ち会い出産。
sou*の時に取り上げてくださった助産師さんを指名させてもらいました。
今回はダンナさんと一緒にsou*も立ち会いできると言われたのですが
どうしようかな・・・。
一生に何度もあることではないので
ぜひ見せたい!と言う気持ちもあるのですが
2歳前後の子供が医療行為の邪魔にならないか
(なる可能性、大
ビデオや写真や私のサポートをしながら
ダンナさんがsou*の面倒を見れるか・・・。
(そんな余裕無い可能性、大
何より、私がsou*のことが気になって仕方ないだろうな、と言うことで
産まれるまで廊下で待っていてもらって
産まれたらすぐに家族4人で写真を撮らせてもらうことにしました。
へその緒が繋がっている状態で見せてもらって
長さが足りれば抱っこもさせてもらいます。
胎盤も処分する前にちゃんと見せてもらうことにします。
(sou*の時はかなり大きな胎盤だと言われました
赤ちゃんの呼吸が安定していればカンガルーケアもお願いしました。


なんだかどんどん出産が近づいているようでドキドキします。


私とダンナさんの念願の女の子
どうか無事に
どうか元気で
この子に会える日が幸せでいっぱいの1日になりますように
PROFILE *

ゆちこ

Author:ゆちこ
どこにでもある
普通の毎日を
私らしく
2人のたからものと一緒に*


2009年2月1日 14:38
長男:sou*を出産しました

* 7歳になりました *
算数と宇宙と将棋が大好きで
元気の良すぎる7歳児。
2年生になりました*

2011年1月8日 20:35
長女:haa*を出産しました

* 5歳になりました *
見た目よりも賢い
演技派な5歳児。
お兄ちゃんが大好き☆
幼稚園の年長さんです。



ARCHIVES *
LINK *
このブログをリンクに追加する
MAIL *

name*
mail*
title*

SEARCH *
CALENDAR *
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ENTRIES & COMMENT *
THEME *
ANNIVERSARY *

BIRTH *
RING *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。